カテゴリー
読書

悟空も馬琴も偉大なり!

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

年をとればとるほど必要なもの三つ。
気力、体力、経済力。
どれが欠けても「不如意」となります。
経済力は言わずもがなですが、どれほど収入・資産があっても、それを使って人生を楽しむには、気力と体力が必須。

新しい場所に行くなら、好奇心がまず前提で、実行するための経済力、準備をする気力、出かけて動き回る体力。
好奇心もむなしくバーチャルだけ……とはならないように。

漫画ドラゴンボール・主人公悟空の台詞、
「おら、ワクワクしてきたぞ」そう、ワクワクこそ人生なり

……ドラゴンボールが世に登場して早や37年!
衝撃的な面白さでしたが、それにつけても”馬琴”は偉大!

 

カテゴリー
趣味と雑感

「食べ過ぎ」には慣れていない

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

人類はなにをもって死んできたか。
感染症、殺人(戦争もモチロン)、飢餓だそうです。

そのうちの「飢餓」について。
日本の古典・説話集などでも、飢餓が描写されています。
子どものころ読んだ本には、おどろおどろしい挿絵もついていて、それが恐ろしくて夢にまで出て……。
飢餓こそ恐怖で、それは生き物すべてにとってそうです。

それが生き物としてデフォルトな状態だとすれば、言われて久しい「飽食の時代」にあり、太り過ぎに悩む現代は?
食べるものがない!状態と戦ってきたわけですから、
食べ過ぎてしまう!ことには体が慣れていません。

つまり体にとっては「異常な状態」です。
きわめて不自然な状態なのですから、それが様々な病変を生じさせるのは当然なのでしょう。
だから、というわけでは全くありませんが、60歳のときにダイエットをして、10か月かけて16キロ減量しました。今のところプラス1キロ?くらいでキープしています。

ダイエット! 税理士試験より辛かった!
世にダイエット本が溢れる理由、よ~くわかりました。
キープするのもなかなか大変です。
それでも、痩せてよかった。大正解でした。
久しく忘れていた「身軽」という感覚。
身軽だと、すべてに積極的になれます。
世の中が落ち着いたら、身軽に旅行したい!

 

カテゴリー
趣味と雑感

スマホをせんとてうまれけむ

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

スマホは、ようやく「個の確立」をもたらすのでしょうか。大昔、庶民の家屋には廊下というものはありませんでした。そのうえ襖と障子で仕切るだけで、鍵など論外、ガラッと開ければ、すべて丸見えになります。

プライバシーという概念自体がなかったのですから、
この外来語を和訳さえできなかったわけです。
……他にも例えば「アイデンティティー」も和訳できなかったと仄聞しています。

個人主義は、利己主義など自己中心的に曲解されがちです。それもあって「個の確立」はなかなかなしえてこなかったのだと思います。どちらかと言えば、わが国では全体主義といいますか、集団主義?

ところがついに黒船襲来!ではなくスマホが出現。
徐々に固定電話もなくなり、内でも外でも皆スマホ。
一人一人がスマホのディスプレイに見入っている姿は、
ほんの十年前、ほとんどの人が予測しなかったと思います。

誰でも情報を得ること、発信することが容易な時代です。
しかし良いことばかりとは言えません。
ある事柄がもたらすものは、常に「良きこと」「悪しきこと」がワンセット。
電車で、バスで、待っているときも乗ってからも、
ただただうつむいて、スマホの小さな画面に見入る。
街が活きていて、人が生きているのに、目はやらない。
それはもったいない!
街のありようこそ、時代を映し出す「情報」の塊です。

でもまあ、個々の自由ですよね。うん、自由です!

カテゴリー
趣味と雑感

「○○という自分がいて……」  「ほおっっっ」

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

そのときどきのはやり言葉。
「……させていただき……」は、もはや諦めました。
「△△円からお預かり」「でよろしかったでしょうか」は、もしかしたら接客業のマニュアルなのかもしれません。

ふた昔?も前「私って、○○な人で~~」という言い回しが、一部に流行りました。
それを言っていた人たちと似ているタイプの人が口にする、「○○という自分がいて……」⇒「……」の部分は声を細めてやや語尾上げ。この言い方って、なんでしょう?
「自分自身を客観視できている私って、ちょっと賢い感じ」かしら?
これらは、若い人の一部→かなり時間をおいて、おばさん。おばさんに流行り始めると若い人は言わなくなり、
割と長くおばさん界隈では続くようです。

やっと滅び始めた気がする「ほぼほぼ」
最近、おばさんも口にしている「○○という自分」
命運やいかに!
できればどちらも滅びてほしい、のは内緒。

カテゴリー
読書

万巻の書、千里の道

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

移転・引っ越しで、私的な本をかなり処分しました。
小さな書棚をプライベート用に購入し、ここに入る分だけ!と決めたのですが、捨てすぎて現在ガラガラです。
その前にも何度か整理しましたから、ここ二十年で、
おそらく2000冊ほど処分しています。
……何故か、或る日、背表紙にあるタイトルを見るのが苦痛になる、という癖があります。

若い頃にも同じ程度の処分を数年間、集中してやりましたから、ほぼ確定分で、買ったのは4000冊くらい?
「万巻の書を読み、千里の道を行く」は、座学と経験、
両方の大切さを言っているのだと思いますが、
さて、座学と言えるほどに吸収、理解したのか、全く……。ただ、「本」がなければ、私の現在はなかったでしょう。
小説もエッセイも、生きのびるための「杖」でした。

これらと別に、仕事用の書棚もあります。
実務書は処分が難しいといいますか、つい「調べるかも~」と思ってしまいます。
……ネットでも有用な情報は得られますが、深堀りするときはやはり書籍で。
それでも今回の移転ではかなり処分して、やっと8割くらいになりました。

万巻の書を読んだ割に、とならないように、精進せねば!

カテゴリー
趣味と雑感

「半返し」は資金繰りの問題?と考察してみる

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

昔から、お香典などの半返しが不思議でした。
頂いた方のリストをつくり、お返ししなければなりません。リストは、先々それを下さった方が同じ状況になったとき、いくらお包みするかの目安になり、役に立ちます。
お互い様、の心ですから納得。

しかし、お返しは手間がかかるうえに、
もしミスをしたら大変な不義理になります。
でも昔々からの風習だし……と思っていましたが、
「あっ、これって資金繰り?」と或る日ひらめきました!

祝儀も不祝儀も、一時に多額のキャッシュが必要です。
昔は今よりもっと庶民の暮らしは厳しかったし、
ローンやキャッシングなんてありません。

とりあえず「倍額」をいただいて急ぐ支払いをすませ、
少し期間をあけて、金銭を算段し、半返しをする。
ということ? 違うかしら?

カテゴリー
仕事と税金 税理士試験

エレガントな「所得税法」

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

今月は税理士試験、
受験生の皆様のご健闘を心からお祈り申し上げます。

私は国税三法を取得しましたが、
最も好きだったのは所得税法です。
条文の文章が機能的で美しい!
簡潔でかつ理解しやすい!
(税法の中では、という意味ですが……)
数学者がよく「エレガント」という表現をしますが、
所得税法も素晴らしく「エレガント」だと私は思います。

それにひきかえ……。
受験はしませんでしたが、しっかり勉強した消費税法。
これは何といいましょうか、何でしょうか。例えば、

”その事業年度終了の日の翌日から
二年を経過した日の前日まで”

『イヤイヤ、なんかあるでしょ、他の言い方』
と思いつつ、実はけっこう癖になる!
そのヘンテコリンさが、まあ、好きでしたけど
(どないやねん!)

カテゴリー
趣味と雑感

ご挨拶

事務所移転にともない、当サイトもリニューアルしました。
長くお休みしていたブログも、ゼロからスタートです。
気ままな、と名付けたように、
投稿頻度も内容も気ままに、と思っております。
税金の話、税理士業・税理士試験の話、
経理・総務の現場の話、中小企業のよくある話、
読書やジョギングなど趣味の話、ダイエットや禁煙の話。

風の吹くまま気の向くままのお話ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。