カテゴリー
趣味と雑感

疾風怒濤の世代は、カオスのただなかに

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

音楽を聴くのに、
レコード⇒カセットテープ⇒MD⇒配信

事務作業に、
最初はなんとソロバン⇒コード付き電卓/加算器
⇒電池内蔵電卓⇒ソーラー電卓
今はその電卓さえ、ほとんど使わなくなりました。

そして、
最初は汎用コンピューターの端末機⇒オフコン
⇒パソコン/タブレット端末

通信手段・機器は、
ダイヤル電話⇒プッシュホン⇒コードレスフォン
ファクスも登場!⇒パソコン/携帯電話
⇒スマホ/あらゆるSNS/スカイプにLINE

テキスト連絡にいたっては、
Eメール・Gメール・ショートメール・
スカイプを使って・LINEを使って

まだまだありますが、なんという変化のスピードと多様化!連絡手段はありすぎて、
「それほどまでに、誰かと連絡とる?」と思ったりします。

振り回されては本末転倒なので、なるべく絞っていますが、子どものころには想像もしなかった状況です。

なんて面白い!
知恵ある方々に感謝感謝!!!

 

カテゴリー
仕事と税金

危機は好調期にあり!

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

ありきたりですが不変の法則、
「危機は好調期にあり」

私は経理・総務職に携り、中小零細企業を転々としました。ある程度の年齢で中途採用だと、ほぼ創業企業になります。多くの企業は、創業し3年以内に誠に残念ながらとなるか、好調期が訪れるか、いずれかです。

好調期ならこのときにこそ、内部の組織づくり・引き締めに着手すべきです。何故なら、例えば諸経費削減。

不調になってこれをしたのでは、
社外=ああ、とうとうこういう事を始めるほど苦しいのか
社内=売上あがらず士気低下中、経費でわあわあ言われてはむしろ逆効果になってしまいます。

好調期にこれを行えば、
社外=業績があがっていて、さらに引き締めか、堅実だな。社内=こちらは人件費で報いれば、諸経費削減くらいOK!
このことは、どちらの経営者・幹部社員も当然ご承知です。しかし、好調⇒皆忙しい⇒急がないことは先延ばし
急がないが重要なことは、放置すると手遅れになります。

蟻の一穴が堤を破壊するように、社内の弛緩した空気や、
無駄な派閥の発生は組織をゆっくり蝕みます。

好調期にいかに次の種まきをし、畑の手入れをするか。
いうは易く……とはこのことです。

 

カテゴリー
趣味と雑感

わが禁煙記その2

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

そういえば60歳にしたこと、
①禁煙
②ダイエット
③ジョギングを開始
④お箸の持ち方を矯正(なんと60歳でようやく!)

この中で最も大変だったのは、②のダイエットです。
ダイエットに比べれば、禁煙はず~っとラクでした。

ところで「禁煙セラピー」
いくらなんでも読んだだけではどうでしょう?と思い、
まず作戦を立てました。
実務書の読み込みと同じやり方にしよう!

結果、これが成功してピタっとタバコをやめ、
8年が経過しました。
やめてから一年くらいは、
『もし明日死ぬなら、やっぱりタバコ吸ってみようかな?』
『85歳ころ、この世に未練もなくなったら吸おうかな?』という未練がましい気分がわずかに残っていました。

ですが今は、明日死ぬとしても、
『貴重な時間をタバコごときに費やせない。つまらない』と思っています。
きれいさっぱり、タバコへの依存は消え去りました!

 

カテゴリー
仕事と税金

ウチは企業じゃないよ、○○商店だから。

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

昔なら喫茶店、今ならカフェ?で、
百回くらい聞いた気がする会社員の会話です。

「ウチはさ、企業なんてレベルじゃないよ、
今でも○○商店のままでさ」

それほど耳にする、つまりそれほど多いケース。
社内派閥、社内営業、社内政治、これらもよく聞きます。
起業してからの流れは、表現はいろいろありますが、
創業期⇒発展期⇒成熟期⇒衰退期
衰退期から再び発展期に向かう企業はごく限られています。

原因のひとつは、社員の質の違いだと思います。
創業期=まだ小さい企業。求人してもわずかな応募数です。    その数人から採用した社員
発展期=どんどん業績をあげ、人件費も潤沢に使えます。    求人広告にもその状況が反映され、驚くほどの応募数です。    その数百人のなかから採用した社員。
どうでしょうか?

その違いは、古参社員も当然感じ取ります。
そして多くの場合、残念ながら「保身」に走ります。
社内に派閥ができ、対立し、軋轢が生じ……

そこで、大忙しの創業社長がどうするか?
社内がギクシャク。
派閥メンバーが交互にいろいろ訴えてくる。
足の引っ張り合いに明け暮れているようだ。

「え~い、俺のいうとおりにしろ!」

面倒になって、トップダウンがさらに強くなり、
かくして○○商店に逆戻り。

この時期を、組織づくりをして乗り越えれば、
衰退期をものともしない強い企業になるのですが。

 

カテゴリー
趣味と雑感

人とは、いったいなんだろう?

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

「残された者にとって、あらゆる死は理不尽である」と、
若い頃、何かで読みました。
大切な人を残して死にゆく人がいます。
残された悲しみに耐えている人がいます。

限りなく優しい人がいて、
驚くほど残酷になれる人もいます。
見守られて旅立つ人がいて、
無残に孤独の中で息絶える人もいます。

人とは、いったいなんだろう?

小学生の頃、学校へ行く道すがら、心に浮かんだ疑問。
その答を探し続けるのが、生きるということなのだと、
思っています。

 

カテゴリー
趣味と雑感

わが禁煙記その1

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

60歳のときに禁煙しました。
20歳の誕生日に吸い始めてちょうど40年。

言い訳ですが、私の若い頃、タバコが害悪!
とはほとんど周知されていなかったと思います。
会社で男子社員の机には当たり前に灰皿がありました。
会議室にお茶を運ぶと(お茶くみ!)煙でもうもうでした。

「タバコは体に~~」と一般的になったのは、
いつ頃からだったでしょうか?
それでも「体に悪いが、心に良い」
な~んて言いつつ喫煙室で吸っていました

やめよう、に至った要因。
「喫煙場所が減った」これにつきます。
迷惑はかけられないので、喫煙できる場所でだけと思うと、「いつも吸いたいのに吸えない」
つまり、いつも我慢していることになります。

いつも我慢している、ずっと我慢している、のなら、
まとめてしっかり我慢してやめればいい。
と思っていたところに知人が禁煙し、
「本を読んでやめたんです」と聞きました。

かの有名な〈禁煙セラピー〉
私は初耳でした。(決して本の宣伝ではありません!)
……続く

カテゴリー
読書

森茉莉〈私の中のアリスの世界〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

20代の頃から何度も訪れる私の〈森茉莉ブーム〉
この本はエッセイのアンソロジーで、10年以上前に
出版されたものを最近購入しました。
以前から所有している本でも、小さいフォントのものが
さすがに読めなくなり、その代わりにと思ったのです。

ところが、意外に未読のエッセイも多い。
もっと早く買えばよかった。
ハードカバーで、表紙は森茉莉が好みそうな
あわ~いコーラルピンク。
最近ではめったにお目にかかれない、改行が少なく一節が長い長い、さすが森茉莉という文章。
それを読ませる技量の凄まじさ。
繰り返し読まずにはいられません。

ですが、もしも神様から、
「来世では森茉莉の人生をどうぞ」と言われたとしたら?

これはもう、謹んで謹んでご辞退!

 

カテゴリー
仕事と税金

経理担当者が長続きしない会社の〈あるあるその二〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

経理担当者が数年で変わる会社があります(十年もたない)私が考える原因の第二は、

・経営者が経理嫌い!?

起業しようと考える場合、当然ですが、
「売るモノがある!」と思うからです。
会社員としての職種、例をあげるなら営業職・企画職。
そしてこれらの職務能力は高いけれども、実は「書類嫌い」という方が結構いらっしゃいます。
能力のタイプの違い、でしょうか?

一方、法人でも個人でも「事業」を行えば、社内と外部から書類、書類、書類。
営業自体とは別に、行政関係の書類がまずあります。
金が動けば経理関係の書類。人を雇えば総務関係の書類。
書類、書類、書類。
現在あらゆるシーンで、データ化・データによる保存が進んでいるとはいえ、やはり「紙」の多さは否めません。

しかも、やっと黒字転換すると「多額の納税」
資金繰りに油断して、これで融資を受ける場合も少なくありません。『ようやく黒字になったのに、何故だ?』の怒り。

かくして、その憤懣がなぜか経理担当者に向けられる!
「経理はうるさいな」「経理はいいつも細かいな」
「決算、面倒だ」「うるさいわりに税金こんなに払うのか」ついでに「税理士もうるさいな……以下同文」

しかも、経理関係を「ただの後始末」と認識するのなら、「後始末で一円も金は増えない。それにまた金かけて……」と感じてしまいます。
金を稼がないのに金がかかる部署が経理、という認識。

う~ん。
書いていて悲しい。
過去に勤務した創業オーナー企業、経営者の顔が……
だってね、経営者が経理嫌いでは会社はもたない……
数値の把握はなんのため?
情報の収集→分析→展開→予測のためなのに。

 

カテゴリー
読書

若松英輔:〈悲しみの秘儀〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

著者自身の言葉と引用によって紡がれ、
一節一節が苦しく優しく厳しく美しい一冊。

ページをめくるごとに深呼吸をしながら、
時間をかけて、ゆっくり大切に読みました。

あるときはその悲しみに立ち向かい、
あるときはそれを乗り越えようともがく。
しかし、それらの悲しみは決して消えない。
人は悲しみとともに生きている。

闇の中を手さぐりで歩いているとき、
片方の隣にはやがて訪れる自分自身の死があり、
もう片方には既に喪われた者たちへの悲しみがある。
けれど闇が深いほど、わずかな光がくっきり浮かび上がる。それを道標に、生き続ける勇気を持つことができる。

良い本に出会った喜びを、しみじみ感じた春の休日でした。
さあ、頑張ろう!!!

 

カテゴリー
仕事と税金

「質問」が財産

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

関与先の代表や担当者からの「質問」
これこそが財産だと思っています。

私はついつい、経験と税法の文脈に沿って考えがちです。
しかし、関与先の疑問は思わぬところから発生します。
「えっ、そこ?」
どこから来るかわからない変化球。

その質問で改めて考えなおし、調べ、深堀りすれば、
そのひとつひとつが自分の血となり肉となります。

それにもうひとつ。
経理・税務について疑問を見つける「好奇心」を持っていただける、それを考え、質問してみようと思っていただける。

税理士として関わって良かった!という瞬間です。