草笛光子:〔いつも私で生きてゆく〕

福岡市の税理士・世利です―― 大変失礼ながら、この文庫を書店で見たときは 「このタイトルは???」と思ってしまいました。 〔なりたい自分〕だとか、〔私らしくありのままで〕だとか、 そういう感じかと受け取ってしまいました。 …

死生観について

福岡市の税理士・世利です―― 来週はお盆、だからというわけではありませんが。 小学校低学年のころ、 ランドセルを背負って学校へ向かっている途中で、 「人は必ず死ぬんだ」と思ったのを覚えています。 ランドセルの重さや、中で …