カテゴリー
読書

山口謡司/柳家三三:《音読落語》

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です

大人になって聞いた落語はカセットテープ!で、
五代目古今亭志ん生。
きっかけは忘れましたが、とにかく大好きでした。

さまざまな方に論評された紛れもない名人ですが、
その「可笑しみ」は唯一無二だと思います。業界では
「フラ」というそうですが、他の誰にも真似など不可能。

例えば「唐茄子政談」での、
「そんな馬鹿なんかおまえ、蚊だって食いやしねえよ。
食ったら蚊が馬鹿んなっちゃう」
覚えている台詞なのに、何度聴いてもやっぱり可笑しい。

息子の志ん朝ももちろん素晴らしく良いのですが、
志ん生の「可笑しみ」は別物です。

という落語談義はさておき「音読落語」
「脳とのどをきたえる」というサブタイトルどおり、
名作のさわりを網羅し、それを音読するというものです。
解説といいますか、あらすじや文言の説明つきです。

私はこれを速音読していますが、まあ楽しい!
これを繰り返し、その内全部暗記しよう!と思っています。

楽しみはどこにもかしこにも。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

パリッコ:〈つつまし酒〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です

東海林さだおのエッセイを数十年読んできました。
同氏も85歳になられ、いつまで読めるかしら?と思いつつ、最近は何冊もアンソロジーが出版されていますので、
それをまた読んだりしています。

次の「大好きな食エッセイスト」を数年さがしていますが、やっぱりいまひとつ~が続くばかり。
しかしついに発見したかも?と思ったのが、
パリッコ(これ、著者名です)

この作品の前に読んだ、
〈ノスタルジーはスーパーマーケットの2階にある〉は、
良かったのですが、食エッセイだけというわけではなく。

でもこの〈つつまし酒〉はドンピシャ。
何しろでてくるシチュエーション、お酒、おつまみ、
まさにつつましくもハッピー。

雑多でカオスな場末好きの私にピッタリでした。
きっと何度も繰り返し読む一冊です。
お酒大好きでも著者には妻子がいて、
良き夫・父の側面もあって、そこも素敵です。

困るのはこれを読むと、昼酒を飲みたくなる!
春には読まないようにしないと、絶対仕事をさぼって、
お酒をもって桜を見に行ってしまう!

大勢でのお花見はもちろん楽しいものですが、
春の空気の中で、ただ桜をみつめる、
一人花見は格別です。
しかもほろ酔いで。
いいだろうなあ。
いいよねえ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

「だましだまし」は、名言、至言、箴言

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です

だましだまし、という言葉を知ったのは、
故田辺聖子女史のエッセイ集〈人生はだましだまし〉
自分も年をとり、まさに「だましだまし」を実感!

誰しも完璧な状態が長く続くなど、到底あり得ません。
最近は諸々うまく捗ると、
『あら、なんだか色々都合よく進んでる。ということは、
そろそろ何かあるのね。気を引き締めよう」と思います。

あちらを繕い、こちらを繕い、よろよろしながら、
なんとかまあまあやってゆく。
やってゆければ上出来!

男性なら吉行淳之介、女性なら田辺聖子。
私が思う人生の達人です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

北原保雄:〈かなり役立つ日本語ドリル2〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です

シリーズで数冊出版されている、かなり役立つ!本の2冊目。類書は数多ありますが、この本は抜きんでています。
問題のレベル分け、解答の示し方、何故そうなのかの説明。使いやすさ、わかりやすさ、すべてにおいて優れています。

ところで、レベル1,2,までは、
「ふふ~ん」なんて感じでしたが、レベル3以降は、
「あれっ?」がちょこちょこと。レベル4,レベル5,
「あららあ!そうか、そうだよねえ!」
むむむ……

でも「書きなさい」が無くて助かりました。
「書きなさい」があったら、目もあてられません。
漢字、書けなくなりました。
勉強せねば。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

数学者・岡潔の相貌が凄い!

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です

〈数学する人生〉:岡潔/森田真生編
編者が選び抜いた、偉大な数学者・岡潔の随筆集です。

岡潔は世界的な数学者であり、かつ、
思想家としても随筆家としても超一流。
しかも言葉のひとつひとつが美しい。
のは、よく知られていますが、

この文庫に使われているお年をめしたときの顔写真。
相貌がそれはもうもう「知性の塊」です。

いや、凄い。

もし現実にお会いしたら、緊張で気を失いそうです。
人の顔。特に年をとってからは人生そのものが表れます。

知性の塊、ですがお優しそうでもあります。
凄いなあ、の一言です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

「今」を教える書籍のタイトル

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

やはり書店の実店舗には行きたい。
平積みされている本のタイトルを眺めたい。
これを見れば今がわかる!からです。

出入り口やエスカレーターのそば、棚前、
平積みされている本のタイトルは「今」そのものです。
〇〇歳から~ 年収△△で~~  □□の節約
高齢化社会、続く経済の停滞、如実に表れています。
私の若い頃にはあまりみかけなかった、
〇〇しなさい、という指示・命令形のタイトルも多い。
これは不安の表れでしょうか。

そしていつもの棚を過ぎてから、ふと目にとまる本。
新しい著者との出会いが書店を歩く醍醐味です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

金井真紀:〈虫嫌いはなおるかな〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

目からうろこがボタボタ落ちた一冊です。
私の虫嫌いは子どもの頃からで、長年悩んできました。
刺したりしなければ嫌う理由は無く、益虫・害虫は人の都合での分類だし、生き物としては大先輩!なのに。

この著者も同じくで、その悩みを克服すべく、
色々な昆虫関連の識者(達人!)に教えを乞うべく、
インタビューしたのが本作です。

最も驚いたのが、あの黒いGのこと。
持っている細菌は大腸菌くらい。そして、嫌がられ始めたのは戦後くらいからということです。

なるほどねえ。
殺虫剤その他関連事業、やまほどあります。一大市場です。メディアにとっても広告主です。
そうだったのかあ、と今頃気づきました。

そして読了後、私の虫嫌いは?
以前よりは昆虫との距離が近くなった気がします。
気がします……そうです、そんな気が……。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

ぱやぱやくん:〈飯は食えるときに食っておく 寝れるときは寝る〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

元陸上自衛隊の幹部自衛官。
退職し⇒ブラック企業勤務も経て⇒のら犬
になったと、プロフィールにありました。

文章が素晴らしい!
最近のツイッターに、三冊同時並行で執筆していたとありましたが、出版はこれが二冊目です。
ですが、簡潔にして情緒あり、ユーモアもあり。

内容は自衛隊のこととライフハック。
なるほど。
自衛隊って、唯一すべてを完結させうる組織です。
そして災害に活躍するのは陸上自衛隊。

サバイバルには肉体と精神、両方の維持が肝要だと具体的に知り、非常に納得しました。サバイバルのいわばプロで、
机上で勉強しただけの知識と、比較にならない説得力です。

深い思慮と観察眼、凡百の自己啓発本とは雲泥の差でした。
お薦め~~!!!

あっ、プロフィールに「意識低い系」ともありました。
いやあ、ファンです!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

長田 弘:〈ことばの果実〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

よく知られた詩人の、最後のエッセイ集です。
「ことばの果実」文字通り果物について
「ことばの花実」野菜・花が咲き実がなるものについて

一節一節、詩人の言葉は研ぎ澄まされ、なお優しく美しい。文章からその果物の香りが匂いたつようにさえ思います。

引き算をしつくした言葉の連なり。
こういう文章を読むと、いつも息をつめてしまいます。
そして深呼吸。
ほんの少しでも、この美しい文章を私の中に取り込みたい。私の体中をめぐる血液のなかで、
この言葉がゆっくり漂いますように、と願ってしまう。

少しは澄んだ血液になるかもしれない、でしょ?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
読書

森茉莉〈私の中のアリスの世界〉

福岡市博多区東雲町の女性税理士・世利です。

20代の頃から何度も訪れる私の〈森茉莉ブーム〉
この本はエッセイのアンソロジーで、10年以上前に
出版されたものを最近購入しました。
以前から所有している本でも、小さいフォントのものが
さすがに読めなくなり、その代わりにと思ったのです。

ところが、意外に未読のエッセイも多い。
もっと早く買えばよかった。
ハードカバーで、表紙は森茉莉が好みそうな
あわ~いコーラルピンク。
最近ではめったにお目にかかれない、改行が少なく一節が長い長い、さすが森茉莉という文章。
それを読ませる技量の凄まじさ。
繰り返し読まずにはいられません。

ですが、もしも神様から、
「来世では森茉莉の人生をどうぞ」と言われたとしたら?

これはもう、謹んで謹んでご辞退!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ