手厳しい一節、さすが白洲正子!

宇美町の女性税理士・世利です 「悲しみはかわいがれば、雪だるまのようにいくらでも大きくなってゆく」 随分以前に、白洲正子のエッセイで読んだ記憶があります。 なんという痛烈な、手厳しい一節でしょうか。 「雪だるま」という比 …