個人の税金その他 24:個人事業者の場合

(3)個人事業の具体的な事務処理等…の続き ■申告の種類=青色申告の場合(以下、青色申告控除が10万円の場合は、除きます) 複式簿記が必須です。 廉価な会計ソフトを購入して処理をしたほうが良いと思います。 ただし、導入や …

個人の税金その他 23:個人事業者の場合

(3)個人事業の具体的な事務処理等…の続き ■整理整頓昔からよく言われるのは、《整理整頓が出来れば、事務処理の8割は済んだと同じ》 税務調査でも、経験則として、整理保存がキチンとされている⇒帳簿の内容もキチンとしている、 …

個人の税金その他 22:個人事業者の場合

(3)個人事業の具体的な事務処理等 個人事業を始めよう、と志す方は、 ①売るべきモノと販路などのノウハウがある②フリーランスでやる技能等がある ①なら、出身は営業職/販売職などでしょう②なら、企画/制作などでしょう ①で …

個人の税金その他 21:個人事業者の場合

(2)個人事業の所得税・住民税や保険その他…の続き  (個人の税金その他18と内容が重複しますが、) ①健康保険 原則は、国民健康保険、または誰かの被扶養者(年収見込み等によります) ②年金 原則は、個人事業主は国民年金 …

個人の税金その他 20:個人事業者の場合

(2)個人事業の所得税・住民税や保険その他 ■事業を始めた届け出 ・税務署等へ届け出をします。・・・事業を始めれば役所の側から連絡がある、と考える方がいますが、そんな事はありません。   役所は《知り得ない》ので、自分か …

個人の税金その他 18:個人事業者の場合

(1)会社を退職して個人事業開始 ①退職したことによる雇用保険の失業給付 当然ですが、これは受け取れません。事業を開始するということは、”失業”はしていませんから。ただ、ケースによりますが、”再就職手当”は受け取れる場合 …

個人の税金その他 17:源泉徴収制度

●源泉徴収制度の基本 所得税が課される”所得”の内、一定のものについては、金銭の支払いをする側が、一定の額を”源泉徴収”します。いわば所得税の前取りです。 源泉徴収をした側は、そのまま国に納付します。源泉徴収をされた側は …