(4)会社員の退職(役員は除外)・・の続き

⑤退職後の所得税

最後の給与明細書などと一緒に、”源泉徴収票”が会社から送られてきます。
(もし送られて来なければ請求しましょう。会社は退職から1ヶ月以内に交付する義務があります)

たまたま時期が年末なら、年末調整が終了しているケースもありますが、
源泉徴収票の摘要ランに「年調未済」と記載されていれば、年末調整はされていません。

年末調整がされていない、つまり「正しい計算のやり直し」がされていないのですから、
年明けに自分で確定申告をして、正しい計算にします。

確定申告により、所得税が還付になったりしますし、
役所にもその確定申告のデータが送られるので、住民税についても面倒がありません。

⑥雇用保険の失業給付
・・・この名称、いまだに多くの方が”失業保険”といいますが・・・

退職後しばらくすると、会社から”離職票の一式”が送られてきます。
(1ヶ月経過しても届かなかったら、問い合わせをしたほうが良いです)
説明書も必ず同封されているはずですので、それを読んで自分で手続きをします。

 

(この記述内容はあくまで一般的なケースでかつ詳細は割愛しています。ご了承下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。