(1)会社員の所得税・・の続き。

源泉徴収票は4枚ワンセットですが、ここに記載されている内容は、

・支払金額
通勤費以外の賞与・給与の年間支給合計額(この額が、いわゆる”年収”です)

・給与所得控除後の金額
生命保険等の”所得控除”とは別に、実は”給与所得控除”というものがあります。
これはいわば会社員の「必要経費」を見込みで差し引くものです。
率で計算されますが、それを差し引いた後の金額です。

・所得控除の額の合計額
生命保険控除等の合計です。

・源泉徴収税額
これが自分の給与所得に対する正しい”年税額”です。
この額よりも多く給与賞与から源泉徴収されていれば、”還付”になるわけです。

・更に下段には、様々な所得控除の詳細が記載されています。
・・・会社を年の途中で退職した場合には、”摘要”欄に、”年調未済”と表記され、
源泉徴収税額の欄には、年税額ではなく、源泉徴収された金額が記載されます・・・

この源泉徴収票4枚を、

・1枚⇒本人に交付する
・2枚⇒本人住所の管轄役所に会社から郵送する
・1枚⇒一部の人(役員、給与の額が多い人等)の分だけを、会社から税務署に提出する

◎税務署はこれを所得の把握に使用します。
◎役所はこれを住民税の算出に使用します。

(この記述内容はあくまで一般的なケースでかつ詳細は割愛しています。ご了承下さい。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。