マイナンバー法案が可決成立しました。
実施は2016年を目処にしているようです。

現在でも個人は番号だらけです。

会社員の代表的な番号が、[雇用保険被保険者証の番号]
意外に知らない方も多いようですが、これは[永久使用]の番号です。
最初にどこかに就職して付された番号は、転職してもずっと一生同じです。

基礎年金番号、こちらも永久使用です。

状況が変われば、番号自体は変わるものとしては、
・住基ネットの番号       ・確定申告をしていれば整理番号
・健康保険の記号番号     ・住民税の特別徴収番号

他にもあらゆる番号がすでに個人に付されています。

新制度は、企業にも無縁ではなく、新たに法人番号が付されるほか、
役員・従業員のマイナンバーに関する管理・処理が求められます。

マイナンバーは、税関係・社会保障・災害時、に目的を集約する予定のようですが、
どれほど行政が対策を練っても、利点もあり失点もあるのは当然です。

時代の趨勢ではありますが、最も懸念されるのはセキュリティ。
実施されたら、個々人が、用心深く、理解し管理し自衛する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。