”ビストロポジション”  初めて目にした言葉でした。

以前、ティム・ガンの「誰でも美しくなれる10の法則」という本を読みました。
(実にいまさらですが・・・)
お洒落・洋服について書かれた本ですが、その一節が[歩き方]についてでした。

歩くときの正しい姿勢。
色々と聞いたり読んだりしますが、注意点が多すぎて、
そんなにアレコレ気にしながらは歩けません!・・・と言いたくなります。

ビストロポジションとは、姿勢の保ち方です。
ビストロは、食堂・レストラン。
テーブルとテーブルの間がとても狭い場合、そこを通る時、どういう風に歩くでしょう。

どなたでも経験があると思いますが、
・テーブルにぶつからないように気をつける
・座っている人の視線も気になる

すると自然に、お腹はひっこめ腰を上げ背筋をのばす。
これがビストロポジションだそうです。(おそらく造語?)
歩くとき、そういうシーンをイメージするだけ。

たったそれだけですが、実行し始めた最初の頃、体にかなりこたえました。
それまでいかに姿勢が悪かったか。

美醜より服装より、姿勢は人のイメージに影響を与えると思います。
姿勢が気になる方、お試しあれ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。