[謙虚に学ぶ]
合格のヒケツの最後は”謙虚であること”です。

「いや実務ではこれは・・・」
「講師は開業しているわけじゃないからああ言うけど・・・」
「去年は・・・、一昨年は・・・、本試験では結局・・・」
「あの講師はああ言っていたけど・・・別の講師は・・・」

受験生のこういう会話をよく耳にしました。

しかし、
講師は少なくともその科目は合格していますが、自分はまだ合格していないのです。
自分は一人ですが、受験校は多数の講師が組織全体で受験対策を考えています。
実務がどうであれ、合格しなければ始まりません。

反発や反論よりも、まずは柔軟に謙虚に。
試験は頑固な人は合格し辛い・・・というのが私の実感です。

そもそも試験で出題されるのは概ね”基礎”です。
会計科目は一義的には技術・技能ですし、税法は法律そのものです。
自分の考えや条文解釈は、資格取得後に実務で思いっきり活かしましょう!

本試験まで残り2ヶ月。
受験生の皆様、どうか悔いのないように頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。