数年前からよく聞く、気になる言い回しです。

・女性や子供
  ↓
・女性だったり子供だったり

・行動や発言
   ↓
・行動だったりとか発言だったりとか

「や」の一語で済むのに、「だったり・・だったり・・」 「だったりとか・・だったりとか・・」

以前、金田一教授がテレビ番組で、「慣用句には寛容が肝要です」と発言されていました。
言葉、特に口語は変遷するものだと思いますが、
この”だったり・・だったり・・”のように、わざわざ不要な語句を増やそうとするのは、
なるべくもっともらしく、かつ曖昧に、という心理が働いているのでしょうか。

すっかり定着した感のある、”部分” ”方”もそうです。
・○○が⇒○○の部分が    ・△△で⇒△△の方で
自分でも無意識に使っているかもしれません。

若い人から中高年へと広がった[おかしな語尾上げ]は最近やっと耳にしなくなりました。
・・・一時は蔓延して、危うく伝染りそうでした。

話しながら、自分の言葉に自分でウンウンと頷く方も減りました。
・・・独り言なら、どうぞお一人で。

”私って~~な人だから”という言い回しもあまり聞きません。
・・・イヤ、知りませんけど、と言いたくなります。

相手の承認は不要なのに何でも”~~させて頂く”という言い方はもはや定着。
さ入れ言葉(置かせていただく⇒置か”さ”せていただく)は、世間を席巻しています。

”だったり・・だったり・・”は消えてくれるでしょうか。
それともこのまま定着してしまうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。