[1年で1科目合格する意思]

合格のヒケツその4は、1科目を必ず1年で合格する!、という意思です。

ボリュームのある税法科目ですと、仕事をしながら受験している方の中には、
「1年では無理だから、まあ2年がかりで・・・」と最初からおっしゃる方もいます。
ただ、私の知る限り、そうおっしゃっていた方は中々結果が厳しいようです。
結局その科目に何年もかかってしまうとよく聞きました。

2年がかりで、と思うとどうしても気が緩むからではないでしょうか。
最初の1年間、無意識に楽をしてしまわないでしょうか。

その科目を初めて勉強した1年間は、新しい知識に触れて好奇心が刺激されます。
ナルホド!ナルホド!と思う、気分が高揚している1年間のほうが集中力があるはずです。

12月の発表で不合格だった場合、
「1月からは、不合格だった科目と9月から開始していた科目と2科目を併行しよう。
メインは不合格科目、でも9月からの科目も一応続けておこう。」
この方法もリスクが高いと思います。

仕事だけでも大変です。税制改正にも遅れず対応できるよう実務書をあたります。
OAスキル等もブラッシュアップを常にしていると思います。
その上、受験勉強をしているのです。

1年1科目、必ず合格するという意思を持ち集中する。
その集中が、仮に1年目不合格でも、2年目での合格につながると思います。

(上記の内容はあくまで私個人の経験・考えです。その旨ご了承下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。