宇美町の女性税理士・世利です

現代では、なんでもネットで調べられます。
さらに深度を求めるなら書籍を購入します。
「理論暗記なんて何の意味も……」と言われる所以かもしれません。

しかし、税理士にとって最も重要な(私はそう思っていますが)
顧客との打ち合わせは、ライブ!です。
その場でどれほどの情報を正確に聞き取り、それに対応するか。

そのとき、
「アレッ、その件に関する規定には確か特則もあったはず」
「アレッ、その内容には別の解釈があったはず」
と気が付くか、気が付かないか。

気が付くからこそ、
「ちょっと持ち帰って確認しますね」と言えます。
気が付くからこそ、
「キーワード」を入力して検索ができます。

そもそもキーワードさえ思いつかないとしたら……。
判断に迷う時にも、やはり根本は条文そのものです。
過去に理論暗記をしたから、それが薄っすらと頭に残っています。
「それは確か……」と思えるのは、
たとえ「薄っすら」であっても残っているからこそです。
この「薄っすら」が財産だと、私は思っています。

理論暗記、キツイでしょうけれど頑張ってください。
キツイことを乗り越えた! これも私にとっては大切な財産になりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。