宇美町の女性税理士・世利です

今年は税理士試験が少し遅めに実施されるようですが、
それでも残り二カ月を切りました。
税法科目の受験なら、理論の仕上げに集中する踏ん張りどころ、
という時期かと思います。

コロナで大変な時期ですが、どうぞ全力で頑張ってください!!!

さて、
理論暗記なんて意味が……と評判が悪かったりするようですが、
暗記・暗唱には、副次的効用もあると思います。

一番は文字を読むスピード(書くのもですが)ではないでしょうか。
税法3科目合格するレベルの勉強をした前と後では、
格段に速くなっているはずです。それだけ鍛えられますし、
さらに素早い読解力も身につくと思います。

そして、実務においてこの二つの能力はとても重要です。
デジタルだろうがアナログだろうが、
士業の知識・情報は、文字によってもたらされるからです。
ネットで膨大な情報が得られる時代だからこそ、
日常的な情報の取捨選択は必須ですし、
書籍を読み込むのに費やす時間も貴重です。
メールひとつとっても、対応に何分要するかが違ってきますし、
顧問先との打ち合わせで書面をあたるとき、急遽深堀りして調べるとき、
これをモタモタするかしないかで、全く段取りが違ってきます。

難解で知られた税法言葉の理論暗記は、良い訓練になると思います。
副次、ではない実務での効用は次回。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。