宇美町の女性税理士・世利です――

書店で目にしたとき、表紙タイトル横に書かれた、

特に深刻な事情が
あるわけではないけれど
私にはどうしても
逃避が必要なのです

この4行に惹かれてすぐに購入しました。
名言集とあるとおり、
様々なジャンルの方たちの名言と、
その方たちのプロフィールが紹介され、
著者の文章へと続きます。

琴線に触れ、ゆっくり文字を追った頁が多くありました。
心がざらついて眠れない夜には、また読み返そうと思います。

そうです。
たまには逃避もいいのです。
三十六計逃げるに如かず、というではありませんか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。