宇美町の女性税理士・世利です――

地方でも、あっという間にセルフレジが増加しました。
商品包装、レシートお渡し、は店員がするけれど
現金・カードなど、支払いについだけ手を出さない方法もあります。
これ、キャッシュレス推進や人手不足解消以外にも良い点が。

・現金は実に雑菌だらけです。
特に食品の場合、店員は現金に触れないほうが衛生的です。
・レジにおける接客時の現金事故・カード事故がなくなれば、
その分接客でのトラブルが減ります。
・レジ締めの煩雑さが解消されます。
現金過不足が出た場合、少額ならともかく、
一万円、五千円だと、相当の時間を費やすことになります。
商業施設のテナント店舗の場合は、さらに煩雑です。

むか~し、店舗経営の企業で経理を担当していたころ。
店舗からの日報に、現金過不足が一切あがってこない。
一年中、一円の狂いもなく現金がピッタリ!!!
これはかなり不自然ですから、抜き打ちでレジ監査に入りました。
すると、ほとんどの場合、レジ近辺に「謎の小瓶」がありました。
開けると小銭がジャラジャラ。(何故か、紙幣はありません……)
現金が多かったときに小瓶に入れてプールし、
現金の不足がでたら小瓶から補填する。
なので、現金過不足は日報には載らない。
会計上・税務上、処理として誤っているのはもちろんですが、
これを放置すると内部での不正につながります。
何かが杜撰だと、それが他にも波及するからです。

洋服小売店も経営していた企業で、
「お直しは出来れば現金で」などと顧客に頼み、
一部をポケットに入れるという行為が常態化していたことがあります。
お直し伝票と業者への支払いを照合してみると(一年分、しました)
まったくかけ離れた金額! 年間だと100万近い差になりました。

こと現金に関しては、正直に、ありのままに、を徹底しないと、
グズグズに倫理観が崩れるようです。
目の前の現金。
その誘い力はクレオパトラの美貌ほど?強い、強い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。