宇美町の女性税理士・世利です――

むかしむかしのお話を。
中小企業に勤務する総務・経理職として、
前任者の給与額を見て驚いたことが何度かあります。
(転職も多かったので”何度”か……)

『う~ん、社歴を考えても、業務内容で測っても、何故???』
なら、ごく一般的なお話として、
・秘密を知る社員であったから(さて何の秘密でしょう)
・男性経営者とゴニョゴニョの間柄(よくあるお話かも)

というワケあり高給は別として、
給与関係を一人で一手に引き受ける総務職の場合、
給与はどちらかと言えば高めかと思います。
だってね、他の社員の給与賞与をすべて知るわけですから、
経営者としては、なんとなくプレッシャー?なのかもしれません。

むかしむかしから、金庫番は便利重宝、
かつ、企業に限らず組織内では煙たがられる存在であり、
本人にとってはリスクもあります。
多少高目でなくては割に合わない、かもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。