宇美町の女性税理士・世利です――

昔勤務していた会社では、稟議書が社内を飛び交っていました。
ほとんどの稟議書が必ずどこかで滞留しますので、
管理部署は各部署からの問い合わせ対応まで強いられます。
滞留の原因は、

・本人が実際に忙しい
・内容について実際に検討すべき点がある
・その稟議書を出した社員または上司が気に入らない?
・ハンコを押す自分エライんだからね、なのでもったいぶる?

データで!
データで管理しない理由がない!

滞留がどこで起きているか一目でわかるソフトを入れれば。
メールで管理する簡単なフローを考えれば。
紙を持ってウロウロする必要などなくなるし、
結果待ちでイライラしなくてすむし、
進捗スピードが格段にアップするのに。
ハンコ、ハンコって!としゃくにさわり、
横向きに押したり、逆さまに押したりしていた若き日の私。
ハンコに八つ当たりしておりました。

今はモチロン、真っすぐシッカリ押しております。
特に申告書には丁寧に。
ところで、法人税法等で自署押印が廃止されました。
しかし、国税通則法の記名押印は生きています。
あらら~~、それってどうよ?!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。