宇美町の女性税理士・世利です――

今年の試験が終了し、つかの間の休息をしたら、
また9月から受験勉強開始の方も多いと思います。
私は理論暗記をする場合、
マーカーを駆使し、図表をよく作成しました。

・マーカー
理論のテキスト全てに、同じルールを決めて部分塗りをします。
例えば、
覚えづらい代表選手?の「とみなす」「とする」
とみなす=この部分はオレンジマーカーで塗る
とする=この部分はグリーンマーカーで塗る
スケジュール管理の記事にも書きましたが、
色は記憶に残りやすい気がします。
「あそこは確かオレンジ色だった……」それなら「とみなす」
同じように
「及び」「または」など間違えやすい文言に使っていました。

・図表
()の多い税法科目と言えば、法人税でしょうか。
()で除外し、さらに()でまた除外、結局なに???
これは図表が一番だと思います。
文字よりはるかに視認性が高く、記憶にも残ると思います。
なにより、わかりやすい図表を工夫する過程で、
自分の頭の中が整理されます。
暗記といえども、大前提は「理解」
理解なくして暗記は無理ですから、その点でも有効です。

頑張ってください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。