宇美町の女性税理士・世利です――

スケジュール管理は、自分で手を加えてカレンダー式にした、
marumanのノートでやっています。
エクセルを使ったり、さまざま試みた結果「紙」に落ち着きました。
これに使うのが、赤、青、黒のボールペンと、
シャーペンと、黄色マーカー。
・最も急ぐ必須のもの=赤のボールペン
・次に   〃  〃  =青のボールペン
・通常の予定で、他の日でもOKなもの=黒のボールペン
・出来ればやりたいもの=シャーペン
・終了すれば黄色マーカーを塗ります

文字を読むより色を認識するほうが、早く確実な気がして、
若い頃からの習慣になりました。
赤は主張する色ですから、一瞥で視認できます。
それに、目をやっただけで「分量」がわかりますから、
赤の分量が多い週や月は、それなりにエンジンをかけ、
シャーペンだらけだと、ちょっとノンビリ。
色で認識し色で記憶すると、そのノートが手元にないときでも、
「あれは確か赤で、あの辺は赤だらけで……」と、
ぼんやりイメージがわきやすいので、その点でもいいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。