福岡・宇美町の女性税理士・世利です――

書店で見たとき、まずタイトルに惹かれました。
そしてめくってみたら、見開きの写真が実に「昭和の台所」
こういう台所からは、美味しい「おかず」が作られるはず!
著者については全く存じ上げませんでしたが、
このエッセイ集は久々の大当たりでした。

なによりも、食べることへの情熱が素敵です。
人の暮らしは、まず食べること。生き物は皆、食べて生きている。
次の著作が今から楽しみです。
因みに、画家でいらっしゃるゆえか、
盛り付けが美味しそうで美味しそうで……

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。