福岡・宇美町の女性税理士・世利です――

世は連休真っ最中、そして春爛漫。
染井吉野が散ると、スターの退場を待っていたかのように、
春の花々がいっせいに咲き始めます。
庭に咲く丹精された花。道端に咲く花。
花はなんでも好きですが、
洋花より和花、華やかなものより可憐な花に惹かれます。
と思って春の花をネットで調べていたら、

「ママコノシリヌグイ」(継子の尻拭い)という名の花。
これ、茎に小さな棘がい~っぱいついています。
継子の排泄の世話をするときは、これで尻を拭いてやろう……
え~っ、それはあんまりな!
なんという名前でしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。