福岡・宇美町の女性税理士・世利です――

必須の届け出、36協定(サブロクキョウテイ)
条文番号36条で、昔からこう呼ばれています。
働いている側、労働者も本来なら必ず知っているはずです。
何故なら、
まず、届け出の義務が企業にはあります。
届け出をするために、労働者と協定を締結する必要があります。
労働組合がなければ、その代表となる〔過半数代表者〕を、
労働者皆で選びます。なので知っているはず……なのですが。

中小企業の場合「36協定?なんですか?」という社員が多いかも?
では、企業はどうやって協定を締結し、届け出をしているのでしょう。
ねえ、不思議です。
不思議な不思議な、ムニャムニャ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。