福岡・宇美町の女性税理士・世利です――

来月は多くの法人にとって決算月です。
言い古された言葉ですが「危機は好調期にあり」
実のところ、損益計算書の各利益額と利益率しか見ない、
とおっしゃる社長もいらっしゃいますが、
是非とも、各勘定はもちろん、貸借対照表を、
ジックリ、つくづく、睨みつけてほしい!と切に願っています。
そこにこそ、企業の「未来」があると思うからです。
願っているだけではダメですから、
少しでも心に届く、役に立つ説明をすべく精進いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。