福岡・宇美町の女性税理士・世利です――

創業企業なら、トップダウンがほとんどだと思います。
それゆえの不満は社内にたまってゆきますが、
発展途上にあるとき、強い力、有無を言わせない力が必要です。
全責任を負い、融資には連帯保証人となり、
会社が倒れるときは自分もすべてを失う。
強い覚悟で望むのですから、ゆっくり眠れる日のほうが少ない。
頑張って企業が成功・存続したら、今度は後継者で悩みます。
どれほどの大企業であっても、雇われ社長なら、
在任中の役員報酬、その後の役員退職金、さえよければいい、
そういう方もいらっしゃると思います。(そういう方が多い?)
しかしオーナー社長はそうはいきません。
企業と自分は運命共同体。
まさに、ワンマン社長は哀しからずや

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。