福岡・宇美町の女性税理士・世利です――

企業で総務・経理を担当していた頃の習慣です。
「フローは仕訳で考える!」
創業中小企業で総務・経理を担当すると、
日々、あらゆるフローを考えることになります。
何故?
社内の多くの出来事には「金がからむ」からです。
金が動けば、紙も動く。
書類が(今ならデータでいいわけですが)必要になり、
最終、それは総務・経理に回ってきます。
正確に速くそれらを処理するためには、
良い書式、良いフローが必要。
それなら、自分で考えるのが早い!というわけです。
仕訳でその流れをたどると、
驚くほどスラスラと問題が解決してゆきます。
複式簿記ってすばらしい!と実感していました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。