福岡市の税理士・世利です――

この方が表現する、清少納言も兼好法師も、イキイキとして闊達。
昨日会ったばかりの知人、友人のようです。
こういう古典の親しみ方があったのかと思いました。

若い頃は、50年前って大昔!という感覚でしたが、
自分が半世紀をはるかに飛び越えて生きていると、
もはや100年も200年も300年も……。
その時々、人は人として生きている、という
ごく当たり前のことが実感できたエッセイ集です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。