福岡市の税理士・世利です――

組織内で共有すべき情報、職位によって知るべき情報、
なるべく情報格差は最小限にすべきですが、
〔紙〕ではなく、データだと情報の持ち出しが容易です。
金銭なら、現金事故を防ぐための対応策をとっているはずです。
同様に、情報についても注意深く扱う必要があります。

情報管理規程を実際につくるかどうかは別として、
細部までつめて論議しておいたほうが良いと思います。

ところで「ウチの経理・総務の情報資産は」
・社長に万一のことがあったとき、会社に入る保険金の額
・そのときの社葬の段取り
「う~ん、それはちょっと」
・社長がお気に入りの日本茶の銘柄
・社長夫人がお好きなスイーツの種類
「ハイハイ、中小企業の総務あるある」(終わり)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。