福岡市の税理士・世利です――

[4泳法Again]
カナヅチから4泳法へ・その21

ビート板キック、音を聞きながらやってみました。
ピッシャンピッシャン。やはり、これはどうも違う感じ。
あとは試行錯誤を延々と繰り返すのみです。
顔を上げてやるようにしたので、恐怖感はありません。
ビックリするほど進みませんが、
ちゃんと泳げない初心者練習コースを使っていますから、
途中で立っても、くじけて歩いても、マナー違反ではありません。
それでも、そういうコースなのに、延々と往復で泳ぐ方もいました。
その場合は邪魔しないように、気をつかいながら練習しました。
その方のほうがマナー違反なのですが……。

恐怖感がないので、以前よりは力が抜けていたはずです。
それでも、25メートルでヘトヘト。少し休んでまた25メートル。
プールへ行ったら、100メートルはビート板キックと決めていましたので、
それだけはなんとかやりました。

しかし、いつまで経ってもゴボッゴボッとは聞こえません。
心の中で「太腿から」「力は抜いて」と呟きながら、
自分なりに角度を変えたつもりでやったり、延々と延々と。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。