福岡市の税理士・世利です――

ものごとを始めよう、とするとき必要なもの。
〔覚悟と勇気〕
その結果がどういうものであれ、すべてを引き受ける覚悟。
一歩を踏み出し決断する勇気。
事業家にとってこの二つは特に重要です。
愚痴をこぼす経営者なんて、取引先は信頼してくれません。
迷ってばかりいる経営者なんて、従業員はついてきません。
昔から言われるジョーク?で、
「会社員は、会うと愚痴ばかりこぼす」
「経営者は、会うと景気の良い話ばかりする」

いったん事業家の道を選んだら、後戻りは困難です。
うまく行かないから会社員に戻ろう!と考えても、
就職先を探すのも一苦労ではないでしょうか。
採用する側もいろいろ考えてしまいます。
「起業したのにうまく行かなかったのなら能力に問題が?」
「不運なタイプなのかな?」
「使いづらいかな?」
それに、一度トップの立場になってしまうと、
本人もその意識からなかなか脱却できないと思います。
いったん踏み出したら、
覚悟を持って、勇気を持って、前進するしかありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。