福岡市の税理士・世利です――

[4泳法Again]

カナヅチから4泳法へ・その7

水中にもぐってみましょう、は練習の甲斐あってクリアしたので、
ボビングはなんとかできました。(もっと熱心にすべきでしたが)
問題はケノビ!
レッスンで最初に聞いたときは、その言葉の意味さえわかりません。
「ケノビってなんですか?」と質問したのですが、
「ケノビはケノビですっ」となんだか切れ気味?なお答。
集団レッスンで、他の方からは冷たい視線と嘲笑を浴び……。
さんざんでした。

ここに至って(遅いっ!)
ようやく、いくらなんでも知識が必要だと思い知り、
ネットで情報収集、初心者用の書籍も購入しました。
それまでは『まあ、教わればできるでしょう』くらいに、
簡単に考えていたのです。

「とにかくむやみやたらにでも、やれば出来るっ」は、
若い人や子どもたちの場合で、
五十歳も過ぎたら、そうはいかないようです。
プールのマナーも含めて、やはり知識も必須でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。