福岡市の税理士・世利です――

……中小・零細企業では、いまだに賃金規程自体が、
キチンと整備されていないケースもあると思いますが……

職務給、職能給、このバランスをどうするか。
個人的には、職務給の割合を増やした方が良いと思っていますが、
大小を問わず、企業にとっては正解が見えない大問題です。

諸外国では、職務給が圧倒的だとききますが、
それが現在の日本にどの程度マッチするのか。
世代によって受け取り方が違いますし、
業種によって、職種によっても、向き不向きがあります。

およそ給与、賞与の適正額ほど難しいものはありません。
しかも、日本中が貧しかった時代とは異なり、
給与を多くすればいい、というわけにもいきません。
休日休暇などの待遇が社員定着率に占めるウエイトは、
昨今はかなり大きくなっているようです。

人生における優先順位が難しいように、
企業も、従業員に何を優先して還元するかが難しい。
すべて良し、ということはなかなか見込めませんから、
人事担当者にとっては困難が多い時代だと思います。
ここで誤ると、企業の存続自体を脅かします。

余談ですが、
〔規程〕と〔規定〕 むか~し、この違いが気になって調べました。
明確に違いがあったので驚きましたが、言葉もほんとに難しい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。