福岡市の税理士・世利です――

[4泳法Again]
カナヅチから4泳法へ・その6

伏し浮きの練習、ボビングの練習、ケノビの練習。
この大切さは、後になってから、よ~く理解しました。
子どもがやる〔水慣れ〕
私のように、まったくのカナヅチで、しかも水がこわい、
ならなおのこと基礎の基礎の基礎こそ大事でした。

私はスポーツクラブに入りましたが、
コーチといっても〔教えるプロ〕とは限りませんでした。
……学生アルバイトの方だったり。
また、会員とはいえ〔お客様〕でもありますから、
コーチもそれなりに気をつかいがちです。

第一に事故のないように、
第二に年齢層が高めなら体調への配慮が必須です。
集団レッスンの場合は、体力も指導内容への理解力も、
すべてバラバラな人たちを相手にするわけですから、
これは至難のワザといいますか……。

いまにして、
・初期こそ、最初から個人レッスンを受ける
・書籍、ネット、で最低限の知識くらいは得ておく
このくらいはしておいたほうが、
もっと早く泳げるようになったかも?と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。