福岡市の税理士・世利です――

[4泳法Again]
カナヅチから4泳法へ・その5

”もぐってみましょう”でパニックを起こしたのは最初だけで、
自己練習の甲斐もあり?その後はなんとか出来ました。
いわゆる〔水慣れ〕がレッスンのメインですが、
伏し浮き、キックの練習、も一応ありました。

・伏し浮き
これだと水はコワくありませんでした。
水中がこわいだけで、水面に顔をつけるのはコワくない!
当時は皮下脂肪率○○という肥満でしたから、
天然浮き輪装着で、なんなく浮くこと自体はできました。
(姿勢はもちろんダメダメで……)

・キック
バッシャ、バッシャの連打。
コーチの顔がしぶきを浴びて、今思えばお気の毒でした。
当時は膝から下で打つキック、太ももから打つキック、の
違いなどさっぱり分かっていませんから、本人としては、
「あら、これ出来るじゃない!」

イエイエ、出来ていないんですが……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。