福岡市の税理士・世利です――

[泳法Again]
カナヅチから4泳法へ・その2

最初はまず水中ウォーキングをし、
そのあと水中での運動プログラムに出ていました。
それも楽しかったのですが、当たり前ですが、
プールで一番多いのは泳ぐためのコース。

そこで泳いでいる人を眺めていると羨ましくなってきました。
「泳ぐのは、自分が好きな時間に来れる!」
プログラムはジムが決めた時間に合わせるので、
仕事もあると、なかなかキビシイ。

もし泳げるようになれれば、
好きな時に来て、好きなだけ泳いで、好きな時に帰れる。
泳げるようになりたい!

と思ったのが悪戦苦闘の始まりでした。
泳げない人のためのレッスンに出たのですが、
「水中にもぐってみましょう」これでパニック!
コーチもあわてていましたが、
「あらっ、水がこわいっ!」自分もビックリです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。