社内に人材が~~

福岡市の税理士・世利です――

「社内に人材が~~」とお嘆きだとしたら、
「あらそれ、誰のせい?」と返したくなります。
社員は社長の鏡、経営陣の鏡。
現在の組織の姿に不満だとしても、それはすなわち、
経営陣の本質を表わしていると思います。

下は必ず上に倣いますので、
・自分のライバルを部下として置きたくない
・自分の言いなりで働いてくれればそれでいい
ただ保身に走るだけの管理職が目立つとしたら、
それこそが、経営陣が今までなしたことの結果です。

社内にいないからといって、中間管理職を外部から、というのも、
成功する確率は相当低いはずです。
落下傘管理職では部下の掌握が難しく、
立ち位置の難しい中間管理職は潰されやすいからです。

社内にいない……ではなく、何がなんでも社内で育てる!
そう決意するしかないと思います。

しかし、外部から招聘するのが有効なケースもあります。
これは他でもなく〔経営者〕〔トップ〕
売るべきものをもち、企画力もあり、
けれど実は、経営そのものは苦手で適性がないのに、
無理に〔経営者〕をやっている場合も意外に多いからです。

ですが、その実行は至難のワザです。
仮にご本人がそう自覚しても、オーナー企業の場合、
裸の王様の側には、おおむね裸の女王様がいらっしゃる。

う~ん、むずかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。