中年になってから始めた水泳 -140

福岡市の税理士・世利です――

[水泳で右往左往 28.]
……着衣水泳

私の子ども時代にはありませんでしたが、
今は〔命を救う泳ぎ〕として、着衣水泳を教えるようです。
不慮の事故のときには、当然着衣です。

水を吸った衣類の重さ。
〔洗い〕と〔すすぐ〕だけ済んだ、
脱水する前の洗濯物をイメージするとすぐわかります。
あれを身に着けて泳ぐなんて!

〔背浮き〕をして救助を待つ、ということだそうですが、
確かにそれが一番です。
海に囲まれ、山あり、川あり。水の事故が多いのですから、
着衣水泳を学校で教えるのは何よりだと思います。

実感するのが一番です。
一度でも経験すれば、しないよりは遥かに良い!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。