福岡市の税理士・世利です――

3月末、多くの企業にとって決算。
多くの経理マンにとっては怒涛の業務開始です。

ごく最近知りましたが、”経営”は仏教用語?
自らの生をいかに営むか。
確かに”日々の営み”こそが営みではあります。

経営者にとっては、その営みの結果が、
あらゆる数値となって表わされる〔決算〕

ここで経理マンが注意すべきは、
決算は経営者にとっては〔通信簿〕であること、だと思います。

経理は、数値を記号のように捉えがちです。
そのため、経営者にとってはグサッグサッと突き刺さる言葉を、
ごく淡々と言ってしまいがち(税理士も!?)

しかし事業家にとっては(まっとうな事業家なら)
そのひとつひとつの数値こそ、心血をそそいだ結果です。

知恵を振り絞った、血と汗の結晶ですから、
レアステーキのように火加減注意!

もの言うときは、繊細な配慮が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。