福岡市の税理士・世利です――

中小企業で総務や経理職につく場合。
特にその企業が発展期にあると、
むやみに幅広く担当することになりがちです。

それは企画部が……
それは営業事務の範疇で……
それは外部に依頼したほうが……

と内心思っていても、断るのはとても難しい!

無理して引き受け、実績はちゃんと上げ、
シンドイけれども、マルチプレイヤーと思えば……
な~んて甘く考えていると、陰でこっそり、
”何でも屋” ”便利屋” なんて言われたりします。

引き受ける基準は、
自分の血となり肉となる仕事がどうか。

なるのなら、範疇を超えていても、やる意味があります。
(いつの日にか、役に立ちます)
ならないのなら、便利に使われて身をすり減らすだけです。

引き受けるのは簡単ですが、
断るのは十倍難しいので、慎重に慎重に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。