福岡市の税理士・世利です――

”故郷へ回る六部は気の弱り”
藤沢周平のエッセイのタイトルにもなっています。

この”六部”
諸説あるようですが、つまりは諸国巡礼の旅人。

好んで巡礼をしていても、
なんとなく足が故郷を目指している。

年齢、体調、いろいろな理由で弱ってくれば、
誰しも心は故郷へ向かうようです。

もうすぐまた別れの季節。
故郷を離れる準備をしている方も多いと思います。

故郷? そういえば忘れてたっ!
というくらいに、元気いっぱいなのが若さの特権。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。