福岡市の税理士・世利です――

年をとって大切なのは、心頭体!(わたしの造語です)

・心をやわらげるなにか
・頭を刺激するなにか
・体を使うなにか

心に頭に体に、手当てをしないと、中高年は劣化の一途です。
むか~しなら、とっくに亡くなっていた年齢で、
生きて、仕事をして、となればホッたらかしは無謀。

若い頃から目にしていた著名人が、いつしかご老体。
……自分も年をとっております。
それはともかく、パッと言葉が出てこないとか、
みるからにスロースローにおなりだと、ちょっと悲しい。

生きている限り、わずかでも仕事をし、
ささいなことでも誰かの役に立ち、充実したいと願うなら、
メンテナンスがなにより大切なのだと思います。

敬愛する笹本恒子氏の言葉をふたたび!

「怠けよう、楽をしよう、と思った分だけ心身は退化する」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。