福岡市の税理士・世利です――

源氏物語。
色々な方の現代語訳で折々に読みましたが、
紫式部はなんともスゴイ人物です。

男女の物語の形をとっていながら、描かれているのは、
文学、美術、音楽、のみならず政治も経済も。

上流階級の暮らしと庶民の暮らし。
美男美女の暮らしとそうではない人の暮らし。

人の美しさと醜さ。
人の優しさと残酷さ。

キリがないほどに人の営みを網羅しています。

本当に女性?
本当に当時の貴族?
謎に満ち満ちて、もしかして宇宙人!なんて。

私が好きな登場人物・女性は、明石の君でも紫の上でもなく、
花散里(はなちるさと)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。