福岡市の税理士・世利です――

[水泳で右往左往 11.]
……ふたたび、誤解していました

ビート板キック以外のドリル。大好きでした。
片手クロールや、気をつけキック。

特にクロールの息継ぎで四苦八苦していたころは、
とりあえずドリルなら、途中で立っても自然です。
息継ぎして続けなくても変じゃない!のでキラク。
練習した気分にもなれます。

なにしろ当時は、
「今日も出来なかった」「永遠に息継ぎできないの?」
と、へこたれて帰っていましたから。

しかし今思えば、
片手クロールにしても、自分ではやれていたつもりでしたが、
なにしろ息継ぎができないくらいのレベルです。
片手クロールというより、沈んで、浮かんで、プカプカ。

隣のコースの男性が不思議そうに見ていたのは、
「コノヒト何やってるんだろう?」と思っていたからですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。