福岡市の税理士・世利です――

今は亡き、女性映画監督ノーラ・エフロンのエッセイ集。
何といってもこのタイトル! 何という直球!

書棚の前を、とても素通りできませんでした。
……ほんとにね、ほんとに気になります、首と手。
  まあ、これまで生きた証なので、いいですけどね。

内容は、そうそう、と賛同できる部分アリ、
いやそれはちょっと、と思うところアリ。

どの章にも本音があふれて、収拾がつかないほどです。
……バッグの中が整理できない女性みたいで、
それは私にはまったくわかりませんでしたが。

”サクセス”を目指す女性はこうなのかと、感心もしました。
エネルギッシュに生きた女性は、何といっても目覚ましい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。