福岡市の税理士・世利です――

呼吸については、少し前に購入した本、
高橋尚子:〔走らなきゃもったいない〕の作中でも、
小出監督の言葉として紹介されていました。

……正確ではありませんが、
「犬は走るときに、呼吸をどうしようなんて考えてないよ~~」
簡潔にして納得です。 確かに!

あのフッフッハーハーにも理由はあるのだと思いますが、
私のような超・超・初心者には、不向きだったようです。

呼吸を気にせずリラックス。
ガチガチだった体全体が、これで少しほぐれたように感じました。

それでも、「昨日は10分走れたけど、今日はどうだろう?」
ほんっとうに低~いレベルですが、走るたびにドキドキしました。

それほどに、”走るっ”はまあシンドイものでした。
でも、それを上回るほどの達成感。楽しい!

                            (続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。