福岡市の税理士・世利です――

福岡市内にある筥崎宮。少し前に夫と参拝しました。
ちょうど冬牡丹の時期で、数多く咲き誇り、
さすがに百花の王と呼ばれる風格でした。

「いくらでも誇ってください」
と言いたくなるゴージャスさで、見事な丹精。

ところで園内でみつけた”はがきの木”
驚きました!
まったく知りませんでしたが、「郵便局の木」だそうです。

由来は、この木の葉に力をいれて跡をつけると、黒く浮き上がり、
墨で書いたようになるから……という説があります。
(由来は他の説もあって、葉書は”端書”から転化したとも)

諸説あるようですが、
今まで生きていて、ハガキは何故”葉書”と書くのか、
一度も考えたことがありませんでした。

思えば不思議ですよね、”葉書”という言葉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。