福岡市の税理士・世利です――

ネットでも実際にでも、
出版されている本の”タイトル”をよく眺めます。

特に小説以外のビジネス書など、いわゆる実用書。
このタイトルには、その時代の”気分”がよく表れると思います。
一冊ヒットすれば、よく似たタイトルがつけられるようです。

以前の記事でも少し書きましたが、”タイトルに数字を含める”
これは常に用いられるようで、やはり具体性があるからなのでしょう。

10のなんとか、20のなんとか。
30代のなんとか、40代のなんとか。

そして、ここ数年よく見かける気がするタイトル、
”~~なさい”

「なさい」は、指示・命令。
そうか! 導かれたがりの人向けということ?

そういう傾向は誰にでも多少はあると思いますが
それが強くなったということでしょうか。

ちなみに私は、こういうタイトルの本は買いません。
アラッ、指示・命令ギライ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。