福岡市の税理士・世利です――

本来の慣用句は、”育てたように子は育つ”

求人広告で見かける、”管理職または管理職候補”の募集。
これが法人設立10年未満なら、納得できます。

会社の成長スピードが速く、利益も出て、あっという間に社員も増加。
そういう場合は、組織づくりを急ぎますから管理職を公募もします。
(取引先等からの紹介が多いと思いますが……)

しかし、法人設立から例えば20年以上も経っているのに、
”管理職募集”

これにはかなり疑問を持ってしまいます。
自社内で人が育っていない、ということだからです。

20年以上経っていれば、社歴の長い社員が多数いるのが普通です。
そして、その中から管理職として育っているはずです。

それなのに公募? 離職率が高いの? トップダウンが極端なの?

育てたように社員も育つ。 
もし育っていないのなら、それは……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。