福岡市の税理士・世利です――

[クロール息継ぎとキック 17.]

面かぶりキックは苦手なのに、何故か好きだったのが
”気をつけキック”

両腕は気をつけの状態でキックします。
”腕は伸ばさない”
これだけのことで下半身のみに集中できました。

他には、壁キック、腰かけキック。
これもコースが空いているときにしました。

頑張ったようですが、実はビート板キックがしんどくて、
気を紛らわせるためにアレコレやっていたような気がします。

体力のある方なら、集中してやった方が上達すると思います。
私の場合は、とにかく挫けずプールに行く!
行ったら練習っぽいことをやる! それで精一杯でした。

キックそのものの進歩に実際に役立ったのは、
自分なりの方法によるビート板キックだったと思います。

                             (続く……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。