福岡市の税理士・世利です――

[クロール息継ぎとキック 16.]

次が〔面かぶりキック〕で、これも難題でした。
(泳げるようになるまで、難題続き……)
これについては、ひとえに”バシャバシャ恐怖症”がネック。

パッシャンパッシャンしてはダメだと意識しすぎるあまり、
とにかく足を上下に動かせませんでした。

コーチが「あらあ、う~ん」と悩むほどに、動かない!
動かないったら動かない!

ビート板キックで、音を聞きながらの練習を続けていたわけですから、
面かぶりキックでは、パッシャンだろうが、ピッシャンだろうが、
何も気にせずガンガン打った方が良かった、と今はわかります。

幸運にもプールに人が少ないとき、一人で集中して練習しました。
息が続きませんから、数メートルで立ち、もう一度、の繰り返しです。

自分の感覚でも「2センチくらいしか動かせてない」というほどでしたが、
これも続けているうちに、恐怖症の呪縛?!がとけたのか、
少しずつ大きく動かせるようになりました。

                              (続く……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。